ドライスーツとはから、ドライスーツの着方、アクセサリー、インナーのご紹介

 English 簡体字 繁体字 한국어

採用情報 ご利用案内 お問い合わせ

ドライスーツ

ドライ―スーツで快適にダイビング

ドライスーツとは

ドライスーツは体が濡れない完全防水のスーツのこと。頭と手以外は濡れませんので、保温性が高く、低い水温でも暖かく快適に、ダイビングを楽しむことができます。

ドライスーツとは

ドライスーツの着用方法

ウエットスーツを着用する際は、ウエットスーツの下に水着・ラッシュガードを着用しますが、ドライスーツの場合は下着に普通のインナーを着用します。
インナーはスエットのような物でハイネックでなければOKですが、汗をかいたときに乾きづらい洋服だと、かえって寒い思いや着心地が悪くなるため、保温性・撥水性・速乾性の高いダイビング向けのインナーの着用がおすすめ!

ドライスーツの着方

ドライスーツの選び方

① 素材で選ぶ

ネオプレンタイプのドライスーツ

ネオプレンタイプ
(ネオプレーン)

・一般的なドライスーツに使用される生地。
・内部に水が侵入しない構造。
・シェルタイプに比べタイトフィット。
・保温性がある生地(クロロプレン生地)を使用。

シェルタイプのドライスーツ

シェルドライタイプ

・内部に水が侵入しない構造。
・ゆったりした作りで、ファスナーがフロントにあるデザインのものが多く脱着がしやすい。自分1人で脱ぎ着が可能。
・生地自体に保温性は無く、防寒インナーを着用して保温性をコントロールできるので、幅広い水温に対応。
・BCに使われるような耐久性の高い生地を使用。

②首まわり・手首のフィット感

ドライスーツは何より、首まわり・手首のフィット感が命!このサイズが合わず、きちんとフィットしていないと水が侵入し水没の原因に、かといってキツすぎても頚動脈を圧迫し具合が悪くなってしまいます。
首・手首のフィット感は慎重に確認しましょう。

ドライスーツの首周り・手首のフィット感

③ファスナーポジション

ネオプレンタイプのファスナーは通常背中にあります。

背中にファスナー位置があるものが主流で、開口部も広いため着替えやすいですが、最後にファスナーを締める作業が、慣れるまでは1人では難しいです。ファスナーの位置が、潜水中あまり動かさない背中にあるため、動きやすいのでおすすめ!

シェルタイプドライスーツのファスナーは通常前にあります。

前ファスナータイプは1人での着脱が簡単ですが、首を通すのが大変で着替えに手間がかかりやすかったり、潜水中、前方にファスナーある分、多少動きづらい面もあります。

④既成かオーダーか

サイズ感はウエットスーツほど神経質にならなくてもOK。首まわり・手首のフィット感が合っているかを確認し、既成品で合うものがあれば十分です。ですが、自身の体型に合っていないとデッドスペースが生まれ、動きづらくなったり、首まわり・手首の隙間から水没してしまうこともあります。ぴったりと自身の体型に合うスーツはストレスフリーでダイビングを楽しむことができるので機動性を求めるならオーダースーツがおすすめ!

オーダードライスーツは水の浸入を防ぐために細かい採寸が必要です。

ここで差が付く!ドライスーツのアクセサリー

画像をクリックすると、詳細ページに移動します。

  • ドライスーツ用ネック・リストベルト

    ネック・リストベルト

    ドライスーツの首・手首シールが緩い場合に、その外側に装着し、リストシールの防水効果を高めます。ベルクロバンドにより、調整が可能です。

  • ドライスーツ用ネック・リストシール

    ネック・リストシール

    ドライスーツ着用時に首・手首のシールの内側に着用することで、関節を曲げた時にできるシワや、血管など凹凸部を吸収し、隙間をゼロにし、シール部からの水没を防ぎます。

  • ダイビング用防寒フード

    フード

    ドライスーツ着用時に手首のシールの内側に着用することで、関節を曲げた時にできるシワや、血管など凹凸部を吸収し、隙間をゼロにし、シール部からの水没を防ぎます。

  • 冬用グローブ

    冬用グローブ

    冬は保温性の高い3mm厚のグローブが主流になります。季節によって、グローブの厚みも使い分けるのがおすすめ!

  • アンクルウエイト

    アンクルウエイト

    足首に着用し腰への負担を軽くするウエイト。足先の浮力を抑え水中での体勢をバランスよく維持します。

  • ウエイトベスト

    ウエイトベスト

    ドライスーツ着用時にウエイトを分散し、腰への負担を軽減させることができる。

  • ドライスーツ用ハンガー

    スーツ用ハンガー

    ドライスーツ・ウエットスーツにアジャストするチューブ形状のハンガー。 全体で荷重を受け止めるため生地に負担を掛けません。

  • スーツバッグ

    スーツバッグ

    ハンガー付で、かさばるスーツもスマートにパッキングできます。ドライスーツを運ぶ時だけでなく、スーツをそのまま収納して保管出来るものもあります。

  • スーツパウダー

    スーツパウダー

    ドライスーツ、ウエットスーツの首回りや手首、ブーツ、グローブなどにぬるだけで、するすると着られます。パウダータイプやスプレータイプのもがあります。

  • ファスナーお手入れ用品

    ファスナーお手入れ用品

    ドライスーツ、ウェットスーツのメタル・コイルプラスチック等、ファスナーのヒビやサビ等を防止する効果があります。

おすすめインナー

画像をクリックすると、詳細ページに移動します。

  • ドライスーツ全般用

    ドライスーツ用

    サラぽかインナー。撥水性・保温性・防水性・透湿性に優れ、汗を描いても快適に過ごせるので、ドライスーツにはドライスーツ用のインナーを着用することをおすすめします!

  • シェルドライ用

    シェルドライ用

    中綿素材はメーカーによって異なりますが、保温性が高く、軽くて撥水性・速乾性が高いインナー。

  • 【SHARK SKIN】 Chillproof

    【SHARK SKIN】 Chillproof

    ドライスーツはもちろんのこと、ウエットスーツの下にも着用できます。素材は3構造からできており、2.5mm〜3mmのウエットスーツと同等の保温力があるので、様々なウォータースポーツに最適なインナー。

  • ヒートベスト

    ヒートベスト

    モーターが搭載しており、発熱し温めます。ドライスーツのインナーを減らすことができ、スマートに快適に過ごせます。また、水温が冷たいポイントでもヒートベストがあれば快適にダイビングを楽しめる!

  •  

おすすめドライスーツメーカー

モビーのドライスーツ

MOBBY’S

軽量化を目指し、様々な組み合わせで自分好みのスタイルを追求可能!着心地にこだわりずっと着用していてもストレスフリーなドライスーツ。

world_dive_drysuits.jpg

World Dive

過酷な条件下でも安全性と快適性を発揮するように設計。ダイビング初心者から上級者までストレスを感じさせないドライスーツ。

ドライスーツについて詳しく知りたい人、必見!!

ドライスーツを購入したい、また購入したけど、使い方がわからないという方のために、『ドライスーツ・ダイバー』というスペシャルティコースがあります。
コースの内容は、ドライスーツの着脱方法や、給排気バルブの操作方法、適切な浮力コントロール、使用後のお手入れや保管方法・穴が開いてしまった時のメンテナンス方法などを学びます。

ドライスーツ・ダイバー
スペシャルティコース
詳細はこちらから ▶

ドライスーツについて詳しく学べるコース:ドライスーツ・ダイバー スペシャルティコース

店舗のご案内
DRY スーツのご相談・ご購入はmic21各店におまかせ!

ダイビングショップmic21横浜本店
ダイビングショップmic21池袋店
ダイビングショップmic21新宿店
ダイビングショップmic21船橋店
ダイビングショップmic21名古屋店
ダイビングショップmic21梅田店
ダイビングショップmic21福岡店
ダイビングショップmic21沖縄那覇店
ダイビングショップmic21沖縄石垣店
ダイビングショップmic21沖縄宮古店

沖縄宮古店/沖縄県

宮古島市平良西里840
0980-72-0721