ダイビングライセンス オンラインショップ

フード・ベストの選び方

フード・ベストの選び方

水中では熱を奪われやすい

人の体温は36℃くらいですが、南の島など暖かい海でのダイビングだとしても、水温は人の体温より低い事がほとんどです。そして熱は陸上(空気中)よりも水中の方が25倍の速さで奪われていくため、防寒対策はとても重要です。特に頭は体に比べて脂肪が少ないので、他の場所よりも熱が奪われやすい部位です。フードやフードベストを着用することで、体温確保がしやすくなります。

フード+ベストでフードベスト

フードは頭をすっぽり包むタイプの防寒アイテムです。顔の部分が開いていてダイビングマスクはフード上からストラップを掛けて、顔の部分だけ触れている状態になります。そしてベストは体に密着する厚手のウエット生地です。メーカーによって色々ありますが、脱ぎ着がしやすいように体の脇が面ファスナーになっているタイプや、フードとベストが合わさったフードベスト、さらに脱ぎ着がしやすいジッパータイプのフードベストなどもございます。

水中でも使用できる電熱ベスト

今人気になりつつあるのが、水中で利用できる電熱ベストです。種類は多くありませんが、ドライスーツで利用できるタイプや、ウエットスーツでも使用できるタイプがあります。専用の防水バッテリーを装着してスイッチを入れるとベストが温まります。他の商品は熱を逃がさないことがポイントですが、電熱ベストの場合は暖房により暖かさを生み出すことが出来るため、より快適なダイビングを楽しむことが出来ます。