ダイビング初めての方へダイビングライセンスを最短で取得する方法のご紹介-eLeaning編

 English 簡体字 繁体字 한국어

採用情報 ご利用案内 お問い合わせ

ダイビングライセンスあなたに必要なライセンスを取得し、もっと楽しく!

PADI eラーニング・Touch オープンウォーターダイバーコース

PADI eラーニング・Touchの受講方法(オープンウォーターダイバーコース)

ダイビングライセンスを取得したいけど、時間が作れない…にお応えます!

ダイビングライセンスを取得したいけど、仕事が忙しくてなかなかまとまったお休みが取れないというお声を良くいただきます。 また、自分のペースで学習したい方もいらっしゃいます。
そんな方にピッタリのプログラムが「PADI eLearning」です。

PADIとは…

PADI は1966年に創設されたスクーバダイビングの指導団体であり、世界最大のレクリエーショナルダイビングの会員組織です。PADIでは、昔ながらのハードなダイビングトレーニング方法をを根本から改革し、手軽に安心して楽しめる継続性重視のトレーニング方法を目指し、段階を追いながらレベルアップして行ける、限られた時間で最大の効果が発揮できるダイビング教育プログラムを開発しました。
PADIは、国内でも、海外でも、同じカリキュラムの講習が提供されています。

ご紹介するeラーニング・TouchもPADIで開発されたものです。

PADI eLearningとは…

ダイビングが初めての方が「オープン・ウォーター・ダイバー・コース」を店舗で受講すると通常ほぼ4日間の受講期間が必要になります。
4日間の内容は

  • ・1日目:学科講習(4~5時間程)
  • ・2日目:限定水域講習(プールまたは足の着く海の浅瀬で行う実習)
  • ・3~4日目:海洋実習(2日間)

という流れになります。

eLearningなら、1日目の「学科講習」を店舗ではなく、ご自宅または、お好きな場所でお好きなタイミングに受講することが可能です。
学科講習受講後に、店舗にお越しいただき、限定水域講習・海洋実習を受講し、認定を受けると、 ダイビングライセンスを取得することができます。

通常のオープンウォーターダイバーコースの学科講習を店舗で行った場合と、eラーニングとの違い

※ eLearningの料金は2019年12月時点で202USドル(学科のみの費用),お支払いはクレジットカードのみ、限定水域講習・海洋実習を受講する店舗へではなく、PADIへのお支払いとなります。海やプールでの講習費用(コース費)は、お選びいただいたmic21各店舗でのお支払いとなります。

※ PADI eLearning・Touchには、店舗でお申込みいただく学科講習に含まれている教材は含まれておりません。教材が必要な場合は、mic21各店舗でお買い求めいただくか、下記をクリックすると、mic21オンラインショップでお買い求めできます。

※ ダイブテーブルとは
安全な潜水計画を立てるための表。ダイビングは空気さえあればいつまでも潜って良いというものではありません。最初のダイビングの水深や、潜水時間などにより、2本目の潜水を行うのに必要な水面休息時間や次のダイビング迄に必要な休息時間を調べる表のことをダイブテーブルと言い、PADIがリクリエーションダイバーのために開発したダイブテーブルを「リクリエーション・ダイブ・プラナー(RDP)」と呼びます。医師はダイブコンピュータだけに頼らず、ダイブテーブルを使用することを推奨しています。

2種類の学習方法からお選びください

パソコン上でオンラインで学習できる【eラーニング】と、コンテンツをタブレットやスマートフォンにダウンロードしてオフラインで利用できる【Touch】の2種類からお選びいただけます。(Touchは、通常の学習時はオフラインですが、クイズ・エグザム時にはネット接続が必要になります。)
ご自分の環境にあった学習方法に合わせてお選びください。

※ eラーニングの受講にはAdobe Flash Playerが必要です。

eラーニングとTouchの違いはパソコン環境によります。環境やお好みに合わせてお選びください。

eLearningでダイビングライセンスを取得するときの流れ

スタート講習受講のお申し込み

eLearning・Touchでの講習を希望される場合、「eLearning・Touch」にお申し込みをする前に、受講を希望する店舗にご来店、もしくはお電話・メールにてご連絡ください。コース費(限定水域講習及び海洋実習費など)のお支払いが済みますと、実習の日程が決定いたします。

※ こちらでご紹介しているのは、ご自宅やお好きな場所で講習が受けられる「PADI eLearning」の流れです。店舗で学科講習の受講をご希望の場合は、下記「店舗で学科講習を受講する場合」ボタンをクリックください。

店舗で学科講習を受講したい場合

オリエンテーション

ステップ 1eラーニングのお申し込み

下の「PADI eLearningのスタートはこちらから」の中から上の「スタート」でご連絡いただいた店舗のボタンをクリックしてPADI eラーニングのお申し込みをしてください。(一度、店舗を選びますと変更はできません。)
お申し込みには、【PADI】にクレジットカードで202USドルのお支払いが必要です。 一度、お支払いいただきました費用は、返金ができませんのでご注意ください。(学科講習の有効期限はお申込み日より、365日になります。)
申込みの手順の詳細は下記ボタンよりご覧いただけます。

PADI eラーニング 申し込み手順

PADI eラーニングお申し込み

ステップ 2eラーニング スタート

eLearning、Touchどちらかの方法で学科講習をスタート。 わからないことがありましたら、講習を受講する店舗のスタッフに質問することができます。
学科講習が終わらないと、次のステップに進めませんので計画的に終わらせてしまいましょう!

※ 最初に決めたスケジュール通りに学科講習が終わらない場合は、店舗にご連絡ください。

eLearning、Touchどちらかの方法で学科講習をスタート。

ステップ 3限定水域講習

eLearning、Touchを日程通りに終わらせたら、次は「限定水域」講習です。
限定水域とは、プールもしくは、足がつくくらいの 浅瀬での講習となります。
学科講習で学んだことをプールで実際に行う内容です。
(1日:4~5時間)

限定水域講習 ダイビングライセンスを取得するためのプールでの講習

ステップ 4海洋実習

学科・限定水域講習で学んだことを、 実際の海でマスターします。
(2日間)

ダイビングライセンス講習 海洋実習

ダイビングライセンス講習終了で、カードを取得 ダイバーの仲間入り

PADI eLearningのスタートはこちらから!

お申し込みは、必ず受講したい店舗にご連絡いただいた後にお願いいたします。
ご連絡後、下記のご連絡いただいた店舗のボタンをクリックしていただくと、PADIのお申し込みページが開きます。
ページ中ほどまでスクロールしていただくと、店舗名が書いてありますのでご確認いただき、店舗名の下の「お申し込み」ボタンをクリックしてください。
開いたページから、オンラインでお申し込みが可能です。

お申し込みページの確認画像 ▶

学科講習(PADI eラーニング・Touch)が終了し、mic21各店舗で限定水域講習に入る前に、【PADI病歴/診断書】の記入・提出が必要になりますので、下記【OW申込書類一式】ボタンからダウンロードしていただき、eラーニングをお申込みされる前に内容をご確認ください。【PADI病歴/診断書】の中で、当てはまる項目がある場合は、事前にmic21各店舗までご相談ください。(内容により、ご受講できないケースがございます。)
書類のご記入は、限定水域講習に入る前にご記入いただき、お申込み店舗にご提出ください。不明点がございましたら、各店舗にお問合せ下さい。

PADI OW申込書類一式 ▶