ダイビングライセンス取得
キャンペーン

mic21では、ダイビングを始めるために必要なライセンス取得コース「オープン・ウォーター・ダイバー・コース(OWコース)」と、その次のステップアップ講習のアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コース(AOWコース)」が今だけお得な価格でご受講いただけます。

期間:9月1日(日) ~ 11月4日(月)

【受講期間:2019年12月31日(火)まで】

ダイビングライセンスとは

ダイビングを始めるには、ダイビングライセンス(Cカード)の取得が必要となります(体験ダイビングを除く)。
ダイビングライセンス(Cカード)は、スクーバダイビングに必要な知識とスキルを身につけたことを証明するための「認定カード」です。
このCカードがあれば国内外のダイビングサービスやショップからダイビングに必要な「タンク」や「レンタル器材」を借りる事ができるようになり、一度取得してしまえば一生、世界中の海でダイビングを楽しめるようになります。

PADI 5star_card

ダイビングライセンス講習の流れ

学科講習

① 学科講習

学科講習では、水中と陸上との違いや器材の使い方、水中生物との接し方やルールなどを学びます。テキストを受け取ったら、予めテキストを読んでいただき、練習問題を解いておいてください。講習ではテキストの練習問題の解説や質問をお受けします。

学科で学んだことを海の浅瀬でやってみます

② 限定水域講習

限定水域(プールもしくは海の浅瀬)で、ダイビングの基礎を練習します。まず、陸上で器材の装着と使い方を学んだら、背が立つ深さのプールや波静かな海で基本スキルを習得。その後、水深3~5mくらいの深さまで潜って、「耳抜き」や「中性浮力」といった基礎技術を身につけます。

字際に海で潜ります。

③ 海洋実習

いよいよ海でダイビング!限定水域講習で身につけた基礎スキルの復習と応用がメインとなります。風邪気味や二日酔いで耳抜きができないと海洋実習は受けられません。体調には十分注意して臨みましょう。

ダイビングライセンスを取得。

④ ライセンス取得

無事に海洋実習を終えると、テンポラリーカード(仮カード)が発行されます。(実際のCカードの受け取りは2~3週間後)。こうしてダイビングを安全に楽しむために基本的な知識とテクニックを身につけたら、あなたもダイバーの仲間入りです!